運営スタッフによるクリエイティブ日誌

栢野克己『やずやの秘密』を読み返して このエントリーを含むはてなブックマーク 

小田です。
 
今週末の講演会に向けて栢野さんの『「やずや」の秘密』を読み返しました。

 
「やずや」創業者、矢頭宣男(やず・のぶお)さんの人生は何度読んでもすごいですね。
生きていらっしゃれば直接お話聞きたかったです。でも矢頭さんの肉声を
読めるすばらしい本を出してくださった栢野さんに感謝です。(^ ^)
 
「人間、生まれたときに天から一通の手紙を受け取っていると。
それには、その人の、人生の生き方を書いておる」

 
矢頭さんは25歳で大学を卒業後、度重なる転職を繰り返し、その後脱サラ。
それから4つの事業を失敗し、5つ目のクロレラ販売の事業で小成功。
そして儲かって狂って女に溺れてしまいますが、間もなくメーカーが倒産し
廃業寸前に追い込まれます。
 
一番の転機は44歳の時。青汁で有名なキューサイの長谷川社長の言葉で
目覚めます。(ここらへんのくだりは本当に感動します。詳しくは本書をお読み下さい)
 
 
で、小田が気になったところを3点。
●動く
  もしうまくいってないことがあれば、うまくいっている人を見つけて、手紙や
  電話でそれを教えてくださいと言う。そうしたら教えてくれる。
 
  これはそのとおりですね。小田も困ったときにはそれを既に経験している人
  にお願いして教えてもらうということをしています。

●深く穴を掘れ。穴の直径は自然に広がる
  つい気の多い人は、あっちを掘り、こっちを掘り、小さな穴ばっかり掘って、
  そして儲からんぞと。一つの事を徹底して掘り下げてみよ。そしたら、必ず
  下に宝が埋まっている。

  確かに。。去年の小田はあっち掘り、こっちを掘り、やってました。。
  弱者一点集中の法則ですね。今年は肝に銘じて行動したいと思います。(> <)
 
●人生計画書
  自分たち家族の今から未来に向けて、何歳の時には自分(事業)はどう
  なっていて、家族はどうなっているかを書いている計画書。経営計画書の
  ベースになっているそうです。(本書に矢頭宣男さん直筆の計画書が載ってます)
 
  小田は自分の分は書いてますけど、家族までは書いてませんでした。
  これは近く家族の分まで作ろうと思います。
 
 
矢頭宣男さんは54歳という若さで亡くなるんですが、それからやずやを支えた
奥さんの矢頭美世子さんは本当に素晴らしいです。夫の夢を叶えさせるのが
自分の夢と語るぐらいですから。
 
何度かお会いしてお話を聞かせていただきましたが、美世子さん自身、やずやが
ここまで成長してきたのは夫が経営計画書を残してくれたおかげだと。私はそれを
書いてある通りに実行しているだけだと。さらに社員の方をどんなに大事にされて
いるかというお話もしてくださいました。
 
矢頭宣男さん、美世子さんも栢野さんのよくおっしゃる
「人生の成功は夢×戦略×感謝」
すべてを兼ね備えた人物ですね。
 
もっと詳しく矢頭宣男さん、美世子さんの人生を知りたいという方はぜひ本書を
お読みいただくか、2月5日(土)には著者の栢野さんから直接聞くことが出来ます!
 
栢野・竹内ダブル出版記念講演会↓↓
http://bit.ly/h53plH
 
ぜひいい本ですので、人生に迷っている方、うまくいかないことが続いている方
読んでみてください。元気をもらえます。
 
人生計画書も作ってみてください。つくり方は栢野さんの前著『弱者の戦略』に
詳しく載っています。

 
それにしても亡くなっても多くの人に影響を与えられる。そんな人になりたいものです。
 


 

投稿者 おだ : 2011年02月02日 15:20 【ページのトップへ】

【トップへ戻る】  【前の記事】 < ◆ >  【次の記事】 >>  【カテゴリ:のトップへ】


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bizcre.net/mt/mt-tb.cgi/52