運営スタッフによるクリエイティブ日誌

美崎流ノート術「プロジェクトノート」【予想のフェーズ】 このエントリーを含むはてなブックマーク 

小田です。
 
先週から美崎栄一郎氏の『「結果を出す人」はノートに何を書いているのか』を
実践していってます。
 
特にp.78以降の「プロジェクトノート」のとり方についてです。
 
「プロジェクトノート」のとり方のポイントとして
・「予想」「実行」「結果」のフェーズを書く
・同じページに追記していく(下の画像を参照)

 
同じページに追記していくというのは、そうしないと後から見返すときや
仕事の全体像が見えにくくなってしまうということです。
 
上の画像の「予想」欄の前にメモというところがありますが、小田はそこを
プロジェクトの目的や目標、また事前に収集した資料を貼ったり、
書いたりしています。
 
※目的と目標の違いが分からない方はコチラ
 (小田も以前はその違いを分かってませんでした。)
 
 
また「予想」欄には「今後、必要となってくるであろう情報」や「検討課題」また、
「簡単なスケジュール表」を書いています。(下の画像を参照)

 
こうすることで、「実行」における行動のモレやヌケを事前に抑えるという
意識がこれまで以上にできるようになりました。
 
あと、本の中では「予想」で書いたものか「結果」で書いたものなのかを区別
するために、ペンで色分けするということがあるんですが、それはまだできてません。
 
このプロジェクトノートをやっている目的は、“「予想」「実行」「結果」を記述して
いくことにより、PDCAの特にC(点検)・A(改善)を行い、自分固有の経験知を
ためていくこと”です。
 
他にここをこうやったらいいのでは?という意見がありましたら、コメントください。
まってます。
(美崎さんからもコメントもお待ちしてます。^^)
 


投稿者 おだ : 2010年03月08日 18:15 【ページのトップへ】

【トップへ戻る】  【前の記事】 < ◆ >  【次の記事】 >>  【カテゴリ:のトップへ】


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bizcre.net/mt/mt-tb.cgi/14