運営スタッフによるクリエイティブ日誌

今後の展開について【さらに…】 このエントリーを含むはてなブックマーク 

小田です。
 
先週の早朝勉強会はフォーカスリーティングの寺田さんにお越しいただき、
今後どのように会を進めるかをアドバイスいただきながら進めました。
 
結果、今後は「実践重視型読書会」として、
先3ヶ月くらいのテーマを設定し、それに沿った課題図書を1冊決め、
本の内容を実践していこうということになりました。
 
まずは、3ヵ月後にどうなりたいのかという目標を掲げ、それに向かって
これをやってみようという実行内容を本から考え、その進捗をブログや
Twitterで報告をしていくというスタイルをとりたいと思います。
 
3ヶ月のテーマや課題図書について、人それぞれだと思いますので、
揃える必要はないと思いますが、最初は統一してやりたいと思います。
 
 
●テーマ(目標)
仕事を進める際の大原則となるPDCAを意識してノートに記録していくことで、
自分固有の経験知を増やし、仕事の質を高めていく。
 
 
●課題図書
美崎栄一郎著『「結果を出す人」はノートに何を書いているのか
 
 
●実践内容
これは人によって異なっていいと思いますが、小田はP.78以降の
「プロジェクトノートは同じページに追記する」をしばらく実践していこうと思います。
 
具体的には、学びや仕事で実行する前に、まずは「どのような結果を得たいのか」
それを達成するための“予想”を考え、それから“実行”を行い、“結果”から
「プロセスのチェック」および、「今後のアクション」にどうつなげるかをできるように
したいと思います。
 
  
次回早朝勉強会は、上記実践を2週間くらいやってから考えます。
とりあえず皆さんにはブログで小田の取り組み、試行錯誤の状況をご覧いただき、
「共に成長していきたい」という感じになってもらえたら幸いです。
 
そうなってもらえるためにもしっかりと実践していきます。^^
 
 
スマイルズの『自助論』から
―“学んだ知識は完全に自分の血肉にしよう、そして一つのことがらを徹底的に
マスターしないうちは、絶対に次に進んではならない”
 
 
ではまた。

投稿者 おだ : 2010年03月01日 14:49 【ページのトップへ】

【トップへ戻る】  【前の記事】 < ◆ >  【次の記事】 >>  【カテゴリ:のトップへ】


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bizcre.net/mt/mt-tb.cgi/12