運営スタッフによるクリエイティブ日誌

2分以内にできることは直ぐにやる!つい先延ばししちゃうあなたへ このエントリーを含むはてなブックマーク 

小田です。
 
今月の目標として、GTDを徹底するということで
デビッド・アレン著、そして昨年お招きした田口元さん監訳の
『はじめてのGTDストレスフリーの整理術』を読み返しました。

 
GTDとはGetting Things Doneの略で、
山のようにやるべきことがあっても、頭をすっきりさせつつ、リラックスしながら
高い生産性を発揮していくやり方のこと。

 
仕事をやっているうちに溜まるストレスの大半が、自分もしくは
ほかの人から課された「やるべきこと」がうまく片付いていない
ことから生じている。(P.29)

 
まず意識している、していないにかかわらず、
“すべての”「やりかけの仕事」を収集する必要がある。
 
GTDの基礎となる5つのステップで仕事(タスク)を流していくのですが、
 
 1.「気になること」すべてを1箇所に「収集」する。
 2.それぞれの意味と何をすべきかを明らかにする「処理」を行う。
 3.その「処理」の結果を「整理」する。
 4.それらの行動の選択肢を「レビュー」する。
 5.選んだ行動を「実行」する。
 
まず、重要なのが、とりこぼさずに
「頭の中にある気になるすべてのこと」を洗い出して可視化すること。
 
GTDのいいところはツールを選ばないこと、洗い出したものを可視化
するには紙でもいいし、Evernoteでも。つまりアナログ・デジタル
関係なく、自分が使いやすいものがいいということ。
 
小田はスケジュール帳の最後のフリーページのところに「仕事」と
「プライベート」に分けて書いています。
 
この洗い出し、「収集」のステップはかなり時間をかけ本当にこれ以上
気になることは無いという状態までやるのがいいそうです。
 
それと「収集」の後の「処理」のステップですが、まずは「収集」した
ものに対して、一つ一つに“これは何か?”という質問を投げかけて
明らかにしていき、そこから
 “2分以内にやれることは直ぐやる”
 “誰かに任せる”
 “後でやる”
に分けていきます。
 
さて、ここで小田が実践することは“2分以内にやれることは直ぐやる”
ということです。
自分の悪いクセで「直ぐできることはいつでもできる」と思っていても
結局、期限ぎりぎりになったり、忘れていたり、さらに先延ばしにしたり
してました。。あなたも経験ないでしょうか?
 
GTDの教えどおり、すっきりした状態で仕事を進めていくには
直ぐできること(GTDでは2分以内と定義)はすぐやるということ。
 
これを実践してみようと思います。
 
【実践すること】2分以内にできることは直ぐにやる!
 
実践してうまくいったか、そうでなかったかについては今週末にお伝えします。^^
 
あなたもぜひ、チャレンジしてみてください。
 

投稿者 おだ : 2011年01月25日 23:24 【ページのトップへ】

【トップへ戻る】  【前の記事】 < ◆ >  【次の記事】 >>  【カテゴリ:のトップへ】


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bizcre.net/mt/mt-tb.cgi/50