運営スタッフによるクリエイティブ日誌

GTDツールNozbeについて このエントリーを含むはてなブックマーク 

「知識労働においては作業は与えられるものではなく、自ら定義するものだ。
知識労働で生産性を高めるカギは、この仕事で求められている結果は何かと考え、
それを明確にすることである。」 ―ピーター・F・ドラッカー

 
小田です。
 
GTDを実践しているといってますが、GTDには大きく3つの流れ
 
・収集
・処理
・レビュー

 
があります。
始めの収集とは「頭の中の気になること」をすべて頭の外に追いやることです。
 
小田は以前、紙を利用(手帳の空きスペース)を利用してましたが、現在は
Nozbeを利用してます。
Nozbe
 
これはまだ実験段階ですが、電車通勤なので、iPhone版のアプリを入れておけば、
電車の中でタスクの参照や追記ができるなぁと考えたからです。
手帳だと参照のアクセスはいいのですが、追記するのに立ったままペンを持って
記入というのは大変だから。(^ ^ ;)
 
先週からやってますが、Nozbeがさらに優れているのは、Evernoteと連携できる
ところですね。
 
たとえば、ブログを書くというタスクがあるとします。そしてEvernoteにブログネタを
準備していたとします。そうするとブログを書くのにNozbeとEvernoteを連携させてると、
Nozbe側のブログを書くというタスクリストからEvernoteのブログネタというタグが
ついているメモを参照することが出来ます。
nozbe.jpg
(まぁ、どちらもブラウザ内で立ち上げていればいいんでしょうけど。。><)
  
あとNozbeが優れているところはプロジェクトを一覧で見れて、管理できることですね。
紙でも管理できるんですが、おそらく、紙だと追記できるようにプロジェクト毎にページを
分けているでしょうから、一覧として参照がし辛いと思います。
これは本当に良いところだと思います。一覧で見れたらリマインダーの役割にもなりますし。
 
現在GTDを実践されている方、これからGTDを始めようという方、ぜひNozbeを使ってみてください。
 
小田も、もう少し研究を続けてみます。
 
と言っても、一番の悩みは収集が上手くいってない事なんですけどね。
ここを自分の中で仕組み化していかなければと思ってます。(マジで!)
 
次回はその辺りについてでも。
  


 

投稿者 おだ : 2011年03月22日 18:01 【ページのトップへ】

【トップへ戻る】  【前の記事】 < ◆ >  【次の記事】 >>  【カテゴリ:のトップへ】


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bizcre.net/mt/mt-tb.cgi/59